2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

めだかボックス 12話 感想

 【24//2012】

というわけで今日はアニメめだかボックスの最終回の感想といいますかレビューといいますかみたいな感じのをしていきたいと思いま~~す!!

4月に始まって、はや3ヶ月・・・
長かったようで短かったような

そんな感じで最終回

頑張っていきま~~す!!

では追記より~ では始めます

今回は前回の雲仙冥利との戦いによって怪我しためだかちゃんは入院しているとのことで
黒神めだかがいない生徒会が目安箱━もといめだかボックス━の案件を解決していくという物語

ちなみに今回の脚本はめだかボックスの原作を務める西尾維新先生が書いたとのこと

そして出てくるキャラは暁月あきら先生原案のキャラということ

つまり、最終回は漫画にもない完全なオリジナルストーリーということになります

原作既読の方でも新鮮な思いで見られた回だったのではないでしょうか

では見ていきましょうか



Baidu IME_2012-6-23_0-43-53
雲仙とのバトルのような出来事もなく平和に酔いしれる3人

Baidu IME_2012-6-23_0-45-57
雲仙とのバトルの末傷ついた目安箱

Baidu IME_2012-6-23_0-48-19
そして現れる2年生 餅原さん

Baidu IME_2012-6-23_0-49-1
黒神会長がいないことに落胆してため息をつく餅原さん 可愛い

Baidu IME_2012-6-23_0-51-50
投書内容は相談あるとのことで、紛失した将棋のコマを探して欲しいとのこと
部屋に入るとそこは整理も何もされていなく、駒がなくなってもおかしくはない状況

Baidu IME_2012-6-23_0-56-40
10組の特別普通科 つまり天才の鉈山さん 彼女には王将紛失の疑いがかけられている
彼女は既に将棋部をやめたという

Baidu IME_2012-6-23_1-0-28
天才を名乗るだけあって実力はプロ並み、いやもうプロと言っても過言ではない実力

Baidu IME_2012-6-23_1-1-53
彼女は将棋部にとっては王将のような存在だった
だがしかし、「頂点には立てても、人の上には立てない」と言われる程に人望は厚くなかった
それゆえに部長には選ばれず、その腹いせに部を止め、王将を盗んだ

Baidu IME_2012-6-23_1-6-14
善吉は俺が勝ったら自白して、そっちが勝ったら無罪放免にするといい、勝負を持ちかける

Baidu IME_2012-6-23_1-7-52
だがそこに並べられた将棋は通常のものとは違っており、焦る鉈山

Baidu IME_2012-6-23_1-8-7
周り将棋 王将のない将棋ではこのようなものしか出来ないとのこと

Baidu IME_2012-6-23_1-11-41
Baidu IME_2012-6-23_1-12-3
自分のことを信じていた餅原のことを信じるのはそう難しくはないこと

Baidu IME_2012-6-23_1-15-23
その後、王将はロッカーの裏から見つかったらしい
鉈山も将棋部に戻り、自分と同じレベルを他人に求めることはやめた(?)ようだ

Baidu IME_2012-6-23_1-16-30
常に頭を抱える餅原の手を頭から離そうとする鉈山
頭が落ちるといけないので抵抗する餅原

Baidu IME_2012-6-23_1-18-55
守りたい この笑顔

Baidu IME_2012-6-23_1-19-18
Baidu IME_2012-6-23_1-19-35
Baidu IME_2012-6-23_1-19-47
案件を解決したため、お花を飾る3人

こうして一期目の生徒会執行部の活動は終了したのだった


そして現れる新たな脅威


Baidu IME_2012-6-23_1-21-36
Baidu IME_2012-6-23_1-22-24
Baidu IME_2012-6-23_1-22-38
Baidu IME_2012-6-23_1-23-10
Baidu IME_2012-6-23_1-23-27
Baidu IME_2012-6-23_1-23-48
Baidu IME_2012-6-23_1-24-4
Baidu IME_2012-6-23_1-24-46


十三組の十三人 サーティーンパーティーの6人
彼らの実力とは・・!?




とこんなところでしょうか

今回は将棋部のお話でしたね
鉈山さんと餅原さん

部活に全てをかける者と部活は楽しむ者 と言った対照的な二人ですね
多勢に無勢とは言いませんが、この将棋部には楽しんでやる方が多かったのでしょう
それゆえに鉈山は将棋部を抜けた・・・
という解釈でよろしいのでしょうかね

そして今日も西尾成分が炸裂しており

善吉
「将棋で勝負しようぜ」
鉈山
「あなた正気?」とか

あんまり覚えてないけど最初の方にもあったような気がする

キャラクターの方に視点を当てると、
餅原さんは思ってることをちゃんと言えるタイプの子なんだね
てっきりしどろもどろになってあやふやになって鉈山が抜けてったのかと思ったけど、別にそんなことなくて思ってることをキッパリと言ったことで抜けてったんだね

でもまあ、ああいう言い方されたら抜けるのは仕方ないと思うよ
他人に自分と同じ能力を求めるのはあれだけど、一生懸命活動してる人に対してあの態度は・・・

その後の王将を隠すっていうのはいただけないけどね!


でも最後には打ち解けたみたい(?)で安心院
将棋の技術だけではなく、将棋の楽しみ方も教えることが出来るようになった鉈山がいれば、これから先あの将棋部は安泰だろう・・・・


そしてきました2期決定!!!!
フラスコ計画 地下篇が始まるんですお!!

ぶっちゃけ、話数的に足りるのかどうかが問題になってくるんですけどww
2期は2クールくらいやってくれたらなあ、いい感じで終われそうな気がしないでもない・・・

てか4クールやれば良かったんだよ!
そうすれば過負荷篇までちょうどいい感じで終わらせれたんじゃない?

まあ、今更何言ってんだ!って感がありますけど・・ww

2期は恐らく秋季からスタートだと思うのでそこまで楽しみに待ってましょう!!

というわけで今日はこの辺で失礼させてもらいましょうか

ではまた次の記事で!!ノ
関連記事
スポンサーサイト

Category: めだかボックス アニメ

Comments (2) | Trackbacks (1) | トップへ戻る

Comments

そんなストーリーだったんだ~
教えてくれてありがとう~
調べなくてすんだよ

続編ありそうだね~
なんか楽しみ~

Posted at 11:24:37 2012/06/24 by キラヤム

Comments

リンク解除確認させて頂きました。ご協力感謝です。

有り難いお言葉感謝です。
それでは。

Posted at 00:43:40 2012/06/25 by テル

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【めだかボックス 12話 感想】
というわけで今日はアニメめだかボックスの最終回の感想といいますかレビューといいますかみたいな感じのをしていきたいと思いま~~す!!4月に始まって、はや3ヶ月・・・長かったようで短かったようなそんな感じで最終回頑張っていきま~~す!!では追記より~

2012.06.26 (Tue) | まとめwoネタ速neo